2021/7/26 俺を探ってどうでした

武司さんこんにちは。

はい、こんにちは。

今日もセッションありがとうございました。

ありがとうございました。使ってもらって。今日はどうでした?

どうでしたか?

今日、驚く事ばかりで、本当に信じられない世界が目の前に繰り返されて、本当驚きでした。

いつもじゃ小会議って、70人位の中でやるじゃないですか。こう小さな会議だと、俺の事よく分かるじゃないですか。こんな感じで俺を探ってもらいたい。

探りたいと思います。

俺って違うから何か、人と。自分はね、後悔と懺悔だったんですよ。それまた逆にね『そんな事あり得ない』とか、言われるとすごい起爆剤になる。なんでっちゅうとね、俺見えてるし 掴めるから、聞こえるから。これだけでもすごいじゃないですか。そんな感じ。

武司さん、小会議にいらっしゃった方から感想が届いているんですけれども、読ませて頂いてもいいですか?

お願いします。

お願いします。抜粋します、ちょっと長めなので。

『土曜日のセッション会場では、ピンク色、銀ラメの龍神様がお出ましになられました。とても輝いていて綺麗でした。美しいピンク、銀色、鱗はラメが細く細かく入って輝いていました。ピンクドラゴン、または虹龍神様というふうでございました。とっても美しいです。神様が変化されたのでしょうか。私は初めて本物の虹龍神様をこの目で拝見させて頂きました。とても感動的な出来事でした。親神様だけではなく、武司さんの背後の神様が龍神様に、虹色の高級な龍神様がいらっしゃる。武司さんの背後の大神様が美しい龍神様に変わったのでしょうか。不思議な不思議な百戦錬磨の超人のようでございます。今私たちの生活する肉体を持った三次元世界の悩み苦しみ痛み悲しみの根本的原因を解消する神通力を持って生まれて来られました。万人を差別無く無償のご愛情で救いあげる不思議な超人でございます。金魚掬いのように。人に願いがあるように、神様にも願いがあります。それを代行するのが武司さんなのです。パイプ役として武司さんが、悩み苦しむ人々万人を救済されているので、武司さんは半分神様で半分人。半神半人。変化された姿をお持ちです。そのような特別なお役目を持たれたお方との縁を賜り厚く感謝御礼申し上げます。慈愛に満ちた優しい且つ腰の低い恐れ多い下座されるなんて凄すぎて素晴らしいです。いわゆる生きた観音様と言っても決して過言ではありませんが、武司さんはますます有難いねと感謝されて観音下座なされるので、人々が観音磁石に惹きつけられてしまうのです。初めて初めて、虹色のピンクと銀色の鱗を輝かせて電車のように走り龍神様は素早く走り去られました。小会議のお部屋の中を、キラキラにされて、ス〜ッと流れて走り去られました。武司さんの背後に常にいらっしゃる大神様はこのように変化したり綺麗なピンク、銀ラメの龍神様が武司さんの背後にいらっしゃいました。乱文をお許しくださいませ。』

という事です。

まあ、それで今この感想文?昔からずっとそんな感じ。だからあの、やっと分かってくれる人が来たかって感じでね、それで今までずっと苦労してきたんですよ。ずっと変わんないっしょ、俺って。何年やっても。逆にもっとやれるのになって思ってさ、みんなに申し訳ない。だからあの、色んな事件あって、『触った』とかあるじゃないですか。だからこうゆう女性のね、人たちをね、神様が作ってくれた。だから俺一人ではこっからは何にも出来ない。全部このさ、みんなで掴んでやるじゃん。この手数があったら、もっと出来る。ルールがある。またあの、色んな人間に不満を持たせたらダメだって。あなたが勝手に人間は信じられないって不満持っちゃうからやるんじゃないって言われちゃうさ。ま、そんな感じ。またこうゆう少人数でまた探ってください。もっともっと私を見るとね、本当に夢と希望を持てます。自分たちは出来るまでやりますから。だけど決して裏切らないでください。自分からやるかって言ってないですからね。俺は病気治す人でも良くする人でもなんでもないから。

武司さんからそれを仰った事はないですよね。

言われるからやるだけであって。ただそれだけです。またこんな俺たちを使ってみてください。宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です